PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とピニトール

今、不妊の原因の一つとして、PCOS(polycystic ovary syndromeの略)「多嚢胞性卵巣症候群」があります。
このPCOS症状は、排卵障害が主な症状で、それ以外にも、ニキビができやすかったり、月経不順などが挙げられます。

 

PCOSと診断されなくても、潜在的に排卵障害を持っている女性も含めると、日本では妊娠可能な女性のうちの約10%、150万人から300万人とも言われています。
なかなか赤ちゃんができないという悩みを持っている女性は今とても多いですよね。

 

今、自然妊娠するということって、難しい時代なのかもしれません。
そんな女性の大きな味方になってくれそうな新しい成分が、今話題になっています。

 

それが、「ピニトール」です。

 

ピニトールとは、豆類や、ルイボスなどに含まれる「イノシトール」類の天然の成分です。
そんな中でもピニトールの高含有で知られている植物が、「アイスプラント」です。
アイスプラントは、南アフリカ原産の多肉植物で、最近ではスーパーなどでも見かける用になってきました。

 

アメリカでは、実際に、ピニトールがPCOSの疾患に処方されています。
このピニトールの大きな役割が、「血糖値を下げる効果がある」ということです。
PCOSが血糖値と関連があることはよく知られており、このピニトールの「植物性インスリン作用」がPCOSの改善に効果があるということなのですね。

 

 

>>ピニトールが260mgしっかり採れる新しい妊活サプリメントはこちら<<

 

 

 

ピニトールが含まれた最新妊活サプリ「ベジママ」


ピニトールを妊活サプリに配合し、排卵状態を良くしていくことは、妊活にはとても大事なことです。
これまで、妊活サプリというと、生まれてくる子供の発育のための「葉酸」サプリや、ホルモンバランスを整える「マカ」などが主流でした。
ですが、PCOSは、診断されていなくても、排卵の状態が良くないかもしれない場合に正常に戻す働きが期待できます。
さらに、薬ではないので、安心安全に服用することができます。

 

そんな新しいプラスワンの成分を配合しているのが、ピニトールサプリ、「ベジママ」です。

 

ベジママは、ピニトールが260mgしっかりと摂取できますし、ピニトール以外にも、葉酸、ルイボス、ビタミンC、ビタミンEなど、

 

ベジママ一本で妊活に必要な成分を摂取することができます。

 

PCOSで悩んでいる人はもちろん、医療機関で適正な薬の処方がされていると思いますが、これから妊活したいなと思っている女性、
月経不順や、不妊かも?って気になる人には、体質改善に役立つサプリメントと言えそうです。

 

 

>>ピニトールが260mg葉酸やルイボスもしっかり採れる 「ベジママ」くわしくはこちら<<

ベジママは返金保証つき

ベジママは、全額返金保証付きのサプリメントです。
体に合わなければ、飲みきった後でも全額返金に応じてくれます。
そして、初回は半額の2,750円で購入ができる上、定期購入などのしばりも一切ありません。

 

気軽に安心して試すことができる、唯一の妊活サプリといえますね。
もし、PCOSの疑いがある、血糖値が少し高めという妊活中の女性には、ぜひ試して頂く価値があると思います。

 

 

>>全額返金保証付き ベジママ  公式サイトはこちら<<

更新履歴